視点が違えば切り口も違ってきて

昨年聴講したTBCの講義で、講師が説明した論点を何気なく聞き流していたところが、今年利用している市販のTACの教科書に詳細に書かれていて感激したりしています。

やはり視点が違えば切り口も違ってきて結構参考になっています。

ちなみに、上記の話は財務の収益性分析で期中平均値を使うのはなぜか?という疑問です。
資本利益率と資本回転率はそれぞれストックとフローから算定されているため基準値をあわせる必要があったんですね。
[PR]
by srsindansi | 2006-11-10 15:02 | 07年雑感
<< 信念 進捗状況 >>